産経ニュース

山口・高2自殺 「いじめ以外にも要因」第三者委が報告書

地方 地方

記事詳細

更新


山口・高2自殺 「いじめ以外にも要因」第三者委が報告書

 山口県周南市で昨年7月、県立高2年の男子生徒が自殺した問題で、県教育委員会が、第三者委員会がまとめた調査報告書の概要を発表した。いじめがあったことを認めたが、「いじめのみを自殺の要因と考えることはできない」としている。

 報告書によると、生徒は同級生から日常的にからかわれるなどの「いじり」を受け、その中にいじめに該当するものもあった。生徒の「いじり」に教員が合わせることもあったという。

 無料通信アプリLINE(ライン)で、所属していた部活仲間のグループを退会させられたことなどもいじめと認定。ただ、いじめの自殺への影響については「本事案はさまざまな要因からなる複雑な事象で、一つの要因だけで説明できるほど単純ではない」と結論付けた。

 生徒の遺族は「納得できない。教員の指導が適切であったかなど学校側の責任を明記してほしい」と話している。