産経ニュース

【関西の議論】世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか

地方 地方

記事詳細

更新

【関西の議論】
世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか

多くの観光客が見学に訪れる鳴門海峡の渦潮。今月には「世界最大級」を裏付ける科学的調査が行われた(今年2月、本社ヘリから) 多くの観光客が見学に訪れる鳴門海峡の渦潮。今月には「世界最大級」を裏付ける科学的調査が行われた(今年2月、本社ヘリから)

 「鳴門の渦潮」の世界遺産登録を目指す活動が兵庫、徳島両県で進んでいる。11月には渦潮の大きさや発生過程を調べるため、ドローンや浮標(ブイ)などを使った調査を実施。世界最大級といわれる渦潮だが、これまで科学的な裏付けに乏しく、本格的な調査は今回が初めてだ。今後、同様の渦潮が発生する国内外の海峡などでも調査を重ね、鳴門の渦潮の特異性をアピールしていくという。(秋山紀浩)

「直径約30メートル」の渦

 「この場所では、ひときわ大きな渦ができます。揺れるのでしっかりつかまっていてください」

 兵庫・淡路島と徳島・鳴門市を隔てる鳴門海峡で11月7日に実施された調査。取材で同乗した観潮船が渦潮に近づくと、担当者が注意を呼びかけた。この日は1年のうちでひときわ潮流が速い日だという。

 鳴門海峡の渦潮は、月と太陽の引力によって生じる潮位の差と、海底の複雑な地形が重なって起きる自然現象。満潮と干潮の前後の時間帯にみられる。

 幅約1・3キロの狭い海峡に勢いよく水が流れ込むことで生じ、大潮の時期には渦の直径が約30メートルに達するとされる。回転する渦を見られるのは数十秒程度で、距離にして数百メートルという。

 発生のメカニズムは地質学的にも貴重とされ、景観としても世界的に珍しいため、鳴門市や兵庫県南あわじ市から毎日多くの観潮船が出航し、年間100万人以上の観光客が見学に訪れる。

 一方、本格的な調査はこれまで行われていないため、正確な渦の大きさははっきりせず、発生メカニズムも科学的に裏付けられているわけではなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか
  • 世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか
  • 世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか
  • 世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか
  • 世界最大級「鳴門の渦潮」に科学のメス 世界遺産に向けた本格調査でメカニズム解明なるか