産経ニュース

空堀エリアの魅力発信 子育て中の母親2人が店歩きマップ制作 大阪

地方 地方

記事詳細

更新


空堀エリアの魅力発信 子育て中の母親2人が店歩きマップ制作 大阪

 ■育児や仕事で多忙なママさん息抜きに…

 戦前の古い町並みとおしゃれなカフェや雑貨店が混在する大阪市中央区の空堀エリアで子育て中の母親2人が、育児や仕事に忙しい母親に地元の魅力あふれる店を知ってもらおうと、店歩きマップ「からほりらへん」を制作した。2人は「息抜きが必要なお母さんたちに手にとってもらい、自分の暮らす地域の魅力に気づくきっかけにしてほしい」と話している。

 路地の奥にある隠れ家のようなカフェやレトロ雑貨の店、盆栽専門店、こだわりのコーヒー店…。地図には古い町並みの中に点在する個性的な店約90店の場所や営業時間、おすすめ商品などが掲載されている。

 制作したのは、空堀エリアで暮らすイラストレーターの黒田頼子さん(45)とオンラインショップ店主の島端知恵子さん(39)。昨年秋まで同名の地図があったが制作会社が撤退。「ならば自分たちで作ろう」と乗り出した。掲載希望店舗に参加費を出してもらうことで制作費を捻出する仕組みとし、1年かけてコツコツと営業しながら完成にこぎ着けた。

 界隈は都心回帰の影響で、マンションも次々と新築されるなど、子育て世帯が急増。働くママも多いが、忙しくて好きな店を探す余裕なんてない…という声も少なくない。

 「近くにすてきな場所があるのに、知らないのはもったいない。忙しいお母さんにこそ情報を届けたい」と黒田さん。島端さんも「自宅で子育てに煮詰まっていても、近所に気に入った店があれば出かけるきっかけになるかも」と期待を込める。

 24日から掲載の各店舗で配布するほか、25日正午から、創刊イベントとして空堀商店街周辺でちんどん屋さんと配布。またスマートフォンなどでも見られるように、今月中にも「からほりらへん」と題したフェイスブックでデータ版を公開する。(中井美樹)