産経ニュース

岡山商大・蔵本投手、ヤクルトと仮契約 「新人王目指す」

地方 地方

記事詳細

更新


岡山商大・蔵本投手、ヤクルトと仮契約 「新人王目指す」

 プロ野球のドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズに3位指名された岡山商大(岡山市北区)の蔵本治孝投手(22)が球団側と仮契約を交わした。背番号は、絶対的な抑え投手だった高津臣吾2軍監督が現役時につけた「22」で、期待度の大きさがうかがわれた。

 仮契約は20日。契約金5千万円、年俸800万円(各推定)で、蔵本投手は「こんなに0が並ぶのを見たことなくて」と興奮気味に同市内で行われた交渉の席を振り返った。

 背番号22は大学でも同じで愛着もあり「球の回転力をアップさせ、新人王を目指す。今後は僕のグッズ商品もよく売れるようになれば」とユーモア交じりに誓いを立てた。

 どっしりした身長185センチ、体重95キロの体形から繰り出される最速150キロ超の速球が武器で、元エースの岡林洋一スカウトは「今まで、うちにはいなかった豪腕タイプ。起用法はこれからだが、抑えにも似合う雰囲気がある」などとほれ込んでいた。

 蔵本投手は12月7日に東京で入団発表に臨む。