産経ニュース

お笑いコンビ「モンスターエンジン」の西森さん、東大阪初代応援大使に 「モノづくりのまち」PR   大阪

地方 地方

記事詳細

更新


お笑いコンビ「モンスターエンジン」の西森さん、東大阪初代応援大使に 「モノづくりのまち」PR   大阪

 東大阪市は、同市出身でお笑いコンビ「モンスターエンジン」の西森洋一さん(38)を初代「モノづくり東大阪応援大使」に任命した。実家が精密機器を作る同市の町工場で、25歳まで手伝っていたという西森さんは「市がバックについて公式に大使になったので、思い切り東大阪をPRしたい」と意気込んだ。任期は平成32年3月31日までの約2年半。

 2年後のラグビーワールドカップ(W杯)を前に、中小の町工場が集まった「モノづくりのまち」を効果的に発信するために、市は同大使を創設した。

 市役所内で行われた大使就任式で、西森さんは実家で着ていたという作業着姿で出席。野田義和市長から委嘱状を受け取り、大使として実際に使う名刺の拡大版を持って記念撮影に応じた。

 大使に就任した西森さんは「うれしいです。いらんことして捕まらんようにしたい」と冗談をまじえながら喜びを語った。地元の魅力について「人工衛星を飛ばすなどいろんな町工場があり、もっと活性化できる」と力説し、「10年間、東大阪をネタに漫才してきたが、今後は町工場のネタが多くなりそう。動画もアップするなどしてPRに貢献したい」と意気込んだ。