産経ニュース

介護の71歳妻殺害で猶予刑 佐賀地裁「献身的、非難できず」

地方 地方

記事詳細

更新


介護の71歳妻殺害で猶予刑 佐賀地裁「献身的、非難できず」

 佐賀県鹿島市で昨年9月、長年介護してきた足が不自由な妻=当時(71)=を、首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた無職、江口末秋被告(71)の裁判員裁判で佐賀地裁は20日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 判決理由で吉井広幸裁判長は、公的支援などを受けられる状況にあったが、被告の負担や不安は解消されず、自分以外に介護をできる人はいないと思い詰めて心中を決意した、と指摘。「孤立しながら介護に苦しむ人に対し、適切な支援が行き渡るような仕組みがあれば、今回の事件は避けられた」とした。

 その上で、被告が20年以上、妻を献身的に介護してきた点を挙げ「妻も感謝の気持ちを持っていた。被告は生涯をかけて供養したいと述べるなど真摯に反省しており、強く非難することはできない」と述べた。

 判決によると、被告は昨年9月8日、自宅で妻、ヤス子さんの首を延長コードで絞めて殺害した。