産経ニュース

ズワイガニ解禁1週間、鳥取県内、最上級の「五輝星」は12枚で前年大きく下回る 

地方 地方

記事詳細

更新


ズワイガニ解禁1週間、鳥取県内、最上級の「五輝星」は12枚で前年大きく下回る 

 鳥取県は、県内のズワイガニ漁で解禁(6日)から1週間の水揚げ状況をまとめた。松葉ガニ(雄)は水揚げ量・金額とも前年同期を上回ったが、親ガニ(雌)はいずれも下回った。

 6~13日の水揚げ量は、松葉ガニが前年同期比25%増の約51トン、親ガニが同11%減の約123トン。水揚げ金額は、松葉ガニが同18%増の約2億2500万円、親ガニが同4%減の約2億1200万円だった。1キロ当たりの単価は、松葉ガニが6%減の4389円、親ガニが7%増の1731円だった。

 目利き人が甲幅13・5センチ以上など5つの基準で厳しく選別する最上級の松葉ガニ「五輝星」の水揚げは12枚と、前年同期の46枚を大きく下回った。県では「大型の松葉ガニは揚がっているが、基準をクリアするものがなかなかない」と話している。