産経ニュース

シートベルト警報解除装置販売 不正改造でも立件へ 未装着放置に危機感 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


シートベルト警報解除装置販売 不正改造でも立件へ 未装着放置に危機感 千葉

車のシートベルト未着用時の警報を解除する器具「キャンセラー」。右は警報音が鳴らないようにベルトの差し込み口に取り付けられた状態=15日午後、千葉県警木更津署 車のシートベルト未着用時の警報を解除する器具「キャンセラー」。右は警報音が鳴らないようにベルトの差し込み口に取り付けられた状態=15日午後、千葉県警木更津署

 シートベルトキャンセラーと呼ばれる装置をめぐる商標法違反事件で、県警に15日逮捕された林瑞勇容疑者(41)らは、インターネット通販サイトで「重い荷物に反応するシートベルトの警告音を解除!」などとうたってPRしていた。だが、装着は道路運送車両法の不正改造に該当するとして、県警が運転席に着用した購入者をすでに同法違反容疑で書類送検。県警は林容疑者らの販売が不正改造の幇助(ほうじょ)に当たるとみて、同法違反容疑でも調べを進め、立件を目指す方針だ。

 捜査関係者によると、林容疑者らは、平成26年4月から29年4月の間に、全国44都道府県の約300人に装置約400個を販売。動機については「中国で売れているので、日本でも売れると思ってやった」などと話しているという。

 装置は主に中国から輸入。大手自動車メーカーの純正品を装うため、メーカーのロゴマークを入れて販売していた。こうした手口について、捜査関係者は「不正改造に該当するものをメーカーが売るわけがない」と断じる。

 一方で、現状では装置を助手席や後部座席に着けることについては罰則規定がなく、運転席に装着していなかった購入者の立件は見送られた。多くのネット通販サイトでも用途を「助手席に重い荷物やペットを置いたときの警報音の解除」などとしているが、2個セットで販売されているなど用途はドライバー任せになっているのが実情だ。

続きを読む