産経ニュース

「埼玉県民の日」各地でイベント 県庁に過去最多1万1500人

地方 地方

記事詳細

更新


「埼玉県民の日」各地でイベント 県庁に過去最多1万1500人

 「県民の日」の14日、県庁では「県庁オープンデー」として、県内の食や文化などを紹介するイベントが催された。県出身でアイドルグループ「乃木坂46」の新内眞衣さんが一日広報課長を務めてPRを後押し。過去最多となる1万1500人が訪れ、県の魅力を再確認した。

 新内さんは同日発売となった自身初の写真集を持参して上田清司知事を表敬訪問。報道陣の取材に「(埼玉県には)こんないいところもあるぞっていうのをじっとりねっとり伝えていければいいな」と意気込みを語った。

 県庁敷地内では、県産の具材だけを使用した「ASRP(オール埼玉ラーメンプロジェクト)」のラーメンや北本トマトカレーなどの県内グルメ販売、秩父夜祭でも披露される秩父屋台囃子の実演などが行われた。小中学生らが県庁を訪問し、各課が出したブースなどを見学。さいたま市の小学3年、白水美雫ちゃん(9)は「聴導犬の話を聞いた。あまり知られていないので広めたい」と話した。

 また、開幕まで1千日を切った2020年東京五輪の開会式へ向けて、リオ五輪陸上男子1万メートル走に出場した県出身の設楽悠太選手にスペシャルアンバサダーを委嘱。設楽選手は「埼玉県をアピールできるように頑張ります」とあいさつした。

 県庁以外でも県こども動物自然公園(東松山市)が入園無料になるなど、県内の施設や店舗で特別サービスが実施された。