産経ニュース

【夢を追う】お笑い芸人・波田陽区さん(2) 人見知りでもテレビに出たい

地方 地方

記事詳細

更新

【夢を追う】
お笑い芸人・波田陽区さん(2) 人見知りでもテレビに出たい

中学校の廊下で傘を差しておどける波田陽区さん 中学校の廊下で傘を差しておどける波田陽区さん

 《山口県下関市で生まれ育った》

 祖父が島根から下関に来たそうです。おやじは国鉄職員で、若いころはSLを運転したそうです。家にはSLの写真が数多くありました。頑固なおやじです。子供は3人で、僕は末っ子。行儀が悪ければ家には入れてもらえず、しつけは厳しかった。

 「うちのおやじはこんなんだった」とか、笑いのネタにできることは、一切ない。普通の家庭でした。

 スポーツ少年で、近くの海でよく遊び、泳ぎました。

 市立垢田中学校ではバドミントン部に入りました。部活動が終わっても、毎晩10時まで猛練習しました。ダブルスで中国大会で優勝し、ヨネックスから、シューズやラケットを提供されるほど強かったんですよ。

 でも、僕はテレビの中に入ってみたかった。フジテレビの「オレたちひょうきん族」を見て、お笑いこそ、楽園だと思ったのです。

 この人たちとテレビに出て、楽しく人生を送りたい。そう考えたのです。

 ダウンタウンさんが出る「ごっつええ感じ」も好きでした。コントが斬新で、ビデオテープがすり切れるほど、繰り返し見ました。

 おやじには「お笑いをやりたい」と何度も何度も言いました。そのたびに、「お前は向いていない。裏方をやれ」と反対されました。

 確かに僕は、家で面白いことを言うのでもなかった。今、思えば、おやじの言葉に間違いはなかったんです。でも、当時は諦めきれなかった。

 《山口県立豊浦高校に進む》

 おやじと同じ高校です。僕は補欠入学でした。高校では陸上部に入りました。

 あるとき、母ちゃんから「お父さんの夢は、子供3人を大学にやることなんよ」と聞きました。そんなしんみりした話を聞くと、大学を目指すしかないですよね。

 勉強はろくにしていなかったのですが、何とか指定校推薦で熊本学園大学に入れました。

 大学で、幼いころからの友人と、お笑いコンビを組みました。名前は競走馬にちなみ「テンポイント」。ダウンタウンさんなど、当時は名前に「ン」を入れると売れるという説もあったんです。学内や駅前でネタを披露しました。

 友人は「現実」を見て、大学を卒業すると就職をしました。僕はお笑い芸人を目指し、上京しました。両親は普通に働いてほしかったみたいですが、振り切った。ちょっぴり自信もありました。

 でも勘違いでした。

 当時、芸人側が少しのお金を払って、出演できる舞台がいくつかありました。そこに出たのですが、からっきしうけない。

 それでも「大丈夫だ」と自分に言い聞かせた。吉本興業をはじめ、いろんな事務所に所属できないか、あたりました。

 その中で、運良くナベプロ(ワタナベエンターテインメント)さんに拾ってもらえました。ネタにかける情熱が通じたのでしょう。

 《下積み生活が続いた》

 僕は人見知りな性格なので、知らない人と組むのが難しい。全部、ピンでせざるをえませんでした。

 ギターを手に漫談を行い、フリップを使ったネタを見せたりしました。ギターは大学時代、6万円で買ったものです。当時、あまりに女の子にもてなくて、友人と「もてたいなあ」と考えて買いました。今も、そのギターを使っています。

 売れなくても、しんどいと思ったことはありません。芸人仲間も皆、貧乏でしたが、どんなにすべっても、安いお酒を飲み明かし、笑い合っていました。

 ただ、芸能界の女性と浮いた話もないので、高校の同級生から「芸能人になった意味ないじゃん」とからかわれました。「しようがない。この顔だから」と答えるしかありませんでした。

 本業はアルバイト。ギター侍のヒットまで、そんな暮らしが続きました。