産経ニュース

写真・映画・ジオラマ…よみがえる昭和の川崎 市民ミュージアムで企画展

地方 地方

記事詳細

更新


写真・映画・ジオラマ…よみがえる昭和の川崎 市民ミュージアムで企画展

 川崎市市民ミュージアム(中原区等々力1の2)で、写真や映像などを通して昭和30~40年代の川崎市を紹介する企画展「川崎ヒストリー展」が開かれている。

 同館所蔵のモノクロ写真15点や古地図のほか、当時の川崎駅前を再現したジオラマを展示。映画館で上映されていた「市政ニュース」の約1時間40分の映像も見ることができる。

 昭和30年代後半の川崎駅前を撮影した写真は、ロータリーにたくさんのバスが止まり、路面電車が走る様子など、高度経済成長期の活気を感じることができる。川崎駅前初のデパート「小美屋」のチラシからは、当時の市民の生活がうかがえる。ジオラマは昭和38年ごろの川崎駅前。カラー写真などをもとに色も再現している。

 企画展は、市の変遷を記録に残すとともに、増え続ける転入者に対しても、市への理解を深めてもらうことを目的としたという。

 同館広報担当の坂下冬子さんは「工業都市として発展した川崎は再開発などを経て刻々と変わり続けている。展示を通し、まちの変化を楽しんでほしい」と話している。

 12月3日まで。観覧無料。問い合わせは同館(電)044・754・4500。