産経ニュース

JR日豊線、12月18日全面再開へ 「ななつ星」も運行

地方 地方

記事詳細

更新


JR日豊線、12月18日全面再開へ 「ななつ星」も運行

 JR九州は14日、9月の台風18号による被害で大分県内の一部区間が不通となっている日豊線について、土砂の撤去など復旧作業が進み、12月18日に運転を再開できるとの見通しを発表した。

 運行ルートを一時変更していた豪華寝台列車「ななつ星in九州」の3泊4日コースも同19日から、日豊線を走り宮崎県に入る運行旅程に戻す。

 大分、宮崎両県を走る「にちりん」や福岡、大分両県を結ぶ「ソニック」といった特急列車の部分運休も解消される。一部区間では線路脇の崩れた斜面の補修が必要なため、安全に配慮して当面は徐行運転する。

 日豊線は線路に土砂が流入するなどの被害が複数箇所であり、臼杵(臼杵市)-佐伯(佐伯市)で運転を見合わせ、バスによる代替輸送を実施している。