産経ニュース

脱走“お騒がせシカ”再公開 岡山・池田動物園

地方 地方

記事詳細

更新


脱走“お騒がせシカ”再公開 岡山・池田動物園

 今年6月にシカの脱走騒動があった池田動物園(岡山市北区)で13日、先月3日に捕獲されたそのニホンジカ(雄)の一般公開が再開された。

 同園のシカは約20頭で、通常は傾斜面にある専用ケージで共同飼育している。しかし問題のシカは先月の捕獲後、飼育員が健康診断などをする際の安全確保に角を切り落としたことから「他の雄シカから危害を受ける心配がある」(忠政智登士副園長)として当面は1頭のみで別の空きケージで飼われることとなった。

 慣れぬ新居のせいか、来園客が口々に「お帰りなさい」と声がけをしても、目立った反応は見せず、大人しくたたずんでいた。

 ケージ前には「お騒がせしました」などと記されたボードも。約4カ月間、自然の中で生息していたが「一回り大きくなっている。一部住民の方が捕獲に向けて餌付けもしてくれたようで、改めておわびしたい思いです」(同)。

 今後は他のシカの角が生え替わる来春以降、本来のケージに戻すという。

 このシカは6月13日に同園を逃げだし、しばらくは手がかりがなかったが、10月3日に約800メートル南の神社駐車場で飼育員が発見。麻酔弾を撃って捕獲に成功した。