産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


鶴ケ島で「つるつる相撲」

 光る頭で社会を明るくしようと、「光頭つるつる相撲大会」が12日、鶴ケ島市運動公園(同市太田ケ谷)で行われた。同市商工会の主催で6回目。長さ約1メートルのひもの両端に吸盤を付け、光るおでこや頭に貼り付けて「ハッゲよい、ひかった」の掛け声を合図に引っ張り合い、吸盤が外れた方が負け。

 実績などを基に番付最高位の横綱から前頭まで光頭自慢の10人が参加。トーナメント方式で争われ、各力士は顔を真っ赤に染めて熱戦を展開した。横綱、荒光(あらひかり)の荒井孝明さん(69)=同市=が4度目の優勝を果たし「じたばたするとだめ。じっくり構えたことが勝因」と笑顔で話した。