産経ニュース

神栖市長選は3新人の争い 防災アリーナなど争点に

地方 地方

記事詳細

更新


神栖市長選は3新人の争い 防災アリーナなど争点に

 任期満了に伴う神栖市長選が12日、告示された。保立一男市長の引退を受け、いずれも無所属新人で元市議の伊藤大氏(44)、元県議の石田進氏(59)、元市議の境川幸雄氏(57)の3人が立候補を届け出た。

 10月に住民投票が行われた「神栖中央公園防災アリーナ(仮称)」事業の是非が争点の一つになっており、伊藤氏は「賛否両論あるが、推進して最大限にアリーナを活用していくことを考える」、境川氏は「市議会でも(建設への)賛成討論をした。土地利用について国との約束もある」とともに当初の計画通り推進する方針だ。

 一方、石田氏は「住民投票の結果を尊重すべきだ。市民の声を聞きながら市議会とも相談する」と建設規模を見直す考えを示している。

 投票は19日午前7時から午後6時まで市内35カ所で行われ、即日開票される。

                   ◇

 ◇神栖市長選(届け出順)

 伊藤(いとう)  大(ひろし) 44 無新 

 不動産業(市議・町議)帝京大中退                   

 石田(いしだ)  進(すすむ) 59 無新 

 会社員(県議・市議・波崎町議)東海大                 

 境川(さかいがわ) 幸雄(ゆきお) 57 無新 

 団体役員(市議・会社員)神栖高