産経ニュース

食で心を満たして 23日に「アペリティフ軽井沢」

地方 地方

記事詳細

更新


食で心を満たして 23日に「アペリティフ軽井沢」

 ちょっとしたおつまみと軽いアルコールを味わいながら、軽井沢のひとときを堪能しませんか-。こんな演出を凝らした「アペリティフ軽井沢」が23日、軽井沢町発地の軽井沢発地市庭(ほっちいちば)イベントホールで開かれる。

 当日は、シャンパーニュとワインをたしなみながら、パンに信州サーモンなど長野の食材を載せたピンチョスや、東御市のチーズをアレンジした「創作アミューズ」などを食し、ゆったりと楽しい時間を過ごす。

 会場では、ジャズの生演奏も行われ、「食」と「音楽」による優雅な雰囲気も満喫できそうだ。

 発地市庭の池田秀也施設長は「参加者には軽井沢らしい『食』で心を満たしてもらいたい」と話している。

 食事の前には、「フランスに学ぶ食文化」と題し、フランス文学研究者の芳野まいさんと、軽井沢男子美食倶楽部代表の柏原光太郎さんによる講演も行われる。

 参加費5千円(50人限定)。申し込み・問い合わせは軽井沢発地市庭(電)0267・45・0037。