産経ニュース

【ちば人物記】オービックシーガルズヘッドコーチ古庄直樹さん(39)

地方 地方

記事詳細

更新

【ちば人物記】
オービックシーガルズヘッドコーチ古庄直樹さん(39)

 ■チーム一丸で戦う不屈の闘将

 習志野市を拠点とするアメフト強豪チーム、オービックシーガルズ。“戦場”で屈強な選手を指揮する闘将だ。挫折を乗り越えて一筋の道を歩み、ヘッドコーチの重責を担う。

 「誇りに思い、責任を感じる。やればやるほど新たな仕事、課題が出てくる。自分が立ち止まれば、チームの成長もストップする。やり遂げる覚悟を示す。選手とスタッフ、チーム一丸となって戦っていく」

 少年時代は野球に熱中した。中学3年で「違うスポーツをやってみたい。高校から始めて日本一になれるスポーツは何か」と考え、アメリカンフットボールを選択した。大阪府の強豪校に進学。入部した。両親に頼んで、高価な防具を買ってもらった。うれしくて自宅で防具を身につけ、公園まで走りに行ったという。

 チームは高校王者を目指した。だが、3年間、夢が実現することはなかった。

 「自分自身、まだまだ甘かったんです」

 立命館大に憧れ、進学した。選手の水準は高い。「この強いチームでレギュラーになれるのか。不安だった」と打ち明ける。猛練習を重ねて正選手の座をつかむ。3年生でついに大学王者となった。

 「あの達成感。すべてをかけて戦えば、結果を出せると実感した」

 翌年、しっかり準備して2連覇を目指す。だが、強敵に敗れた。

 「ショックでした。自分たちは死ぬほど練習してきた。それでも叶わぬことがあることを突きつけられた。自分の人生を否定された。いまだにあの試合のビデオを見ることができない。でも、今思えば、負けたことが人生の大事なものを創ってくれたんです」

 シーガルズとの出合いは運命的だった。大学卒業後、関西で暮らしていたが、シーガルズに所属する大学の先輩に声を掛けられた。「ウチ、来いよ」「行きますわ」。決断。あわただしくアパートを探し、選手生活を始めた。

 シーガルズは社会人クラブチームだ。選手は平日、会社などで働く。早朝や夜、自主的に体を鍛える。週末、習志野市茜浜(あかねはま)に集合。徹底的に練習する。戦術を確認し、相手チームの戦力を分析するミーティングも重要だ。

 「どうしてもシーガルズでやりたいという選手が集まって来る。無心で日本一を目指し、ひたすら練習する。アメフトはボールを持った格闘技です。鍛え上げた肉体と肉体が激突する。理性、理屈じゃない。本能。非日常のグラウンドで闘争本能が解放される」

 背中を押されて平成19年、主将に就任した。優勝目指してチームを鼓舞したが、3年間、大会で敗退を続けた。

 「どうしたら日本一になれるのか。悩んだ。人生をかけてやり続ける。それしか勝つ方法はない」

 新戦力の加入もあってついに日本一になった。翌年から快進撃を続け、見事4連覇を果たした。

 最近、優勝から遠ざかっている。今シーズン、強敵を相手に戦い、惜敗することもあった。だが、不屈の闘将は前を向く。

 「悔しい結果もあった。負傷者が復帰。分厚いチームになった。勝ち進む。他を圧倒するチームになる。チャンピオンを目指す」(塩塚保)

                    ◇

【プロフィル】古庄直樹

 こしょう・なおき 昭和53年生まれ。立命館大卒業。オービックシーガルズ加入。主将在任中に日本選手権4連覇達成。昨年、ヘッドコーチ就任。好きな戦国武将は武田信玄。東野圭吾の作品を愛読。好物はうどんすき。信条は「満足するな」。