産経ニュース

山口の高2自殺 遺族に「口外せず」要請 県教委、いじめ報告書提出で

地方 地方

記事詳細

更新


山口の高2自殺 遺族に「口外せず」要請 県教委、いじめ報告書提出で

 山口県周南市で昨年7月、県立高2年の男子生徒が自殺した問題で、いじめの実態などを調べた報告書を、県教育委員会が遺族に提供する際、「内容を外部に口外しない」などとする文書への署名を求めたことが10日、分かった。遺族は「調査の在り方や内容について専門家に相談できない」と困惑している。

 報告書は、弁護士ら第三者による調査部会で作成した。遺族によると、今年7月、県教委から素案の提供を受ける際に「個人情報が含まれ、遺族にのみ提供されるものであることを踏まえ、内容を他の保護者・報道機関などの第三者に提供いたしません」などと記された書類への署名を求められ、署名したという。

 今月2日に最終報告書の提供を受けた際にも、署名を求められた。遺族は「報道機関に説明できなくなる」などとして拒み、署名しないまま報告書の提供を受けたという。

 県教委の担当者は、口外しないよう求めたかどうかは答えられないとした上で「そのまま公開されると関係者が特定される恐れがある」と話した。

 男子生徒は昨年7月26日、周南市の駅で貨物列車にはねられ死亡。遺族によると、報告書素案はいじめがあったと認める一方、自殺の原因は複合的とした。