産経ニュース

商議所「三国同盟」、観光ツアー展開へ 「必勝祈願の旅」 新潟

地方 地方

記事詳細

更新


商議所「三国同盟」、観光ツアー展開へ 「必勝祈願の旅」 新潟

 ■上杉の上越、真田の上田、武田の甲府

 上越市の上越商工会議所は山梨県の甲府商議所、長野県の上田商議所と連携して観光ツアーを展開する協定を結んだ。戦国武将として人気の高い上杉謙信、武田信玄、真田幸村のゆかりの地が「三国同盟」で観光の活性化に乗り出す。

 ツアーは、武将ゆかりの観光スポットを巡りながら参加者の願いをかなえる「必勝祈願の旅」。12月に上越と上田からのモニターツアー客が甲府を観光し、さらに甲府から来年2月に上田、4月に上越を訪れる。

 既に上越と上田の両商議所は連携に取り組んでおり、平成31年に「開府500年」を迎える甲府も加わり、相乗効果で観光需要を伸ばしたい考えだ。

 上越商議所の高橋信雄会頭は「戦国時代は塩だったが今は観光情報を互いに送りたい」と、謙信が敵将の信玄に塩を送ったエピソードを引き合いに出して連携強化に意気込む。甲府商議所の金丸康信会頭は「開府500年を盛り上げるためにも交流を深めたい」と話し、上田商議所の柳沢憲一郎会頭も「ワインなど共通点が多く、産業振興も進めたい」としている。

 上越、上田の両商議所が行う12月のツアーは各20人程度で、甲府商議所が選んだスポットを訪れる。同商議所は「信玄堤やワイナリーも巡り、歴史だけでなく健康や美などあらゆる面で必勝祈願ができるツアーを計画したい」としている。