産経ニュース

サル山では政権交代実現 銚子渓自然動物園で新ボス誕生

地方 地方

記事詳細

更新


サル山では政権交代実現 銚子渓自然動物園で新ボス誕生

 衆院選が戦われる中、香川県土庄町の野生ニホンザルに餌付けをした観光施設「銚子渓自然動物園『お猿の国』」で17日、新ボスが誕生する政権交代があった。

 同町の銚子渓一帯にはA、Bの2群に分かれた約500匹のニホンザルが生息、政権交代はB群(約200匹)で発生した。歴代「トラ」と呼ばれる9代目ボスが死んだために2番オス(推定20歳)が10代目の新ボスとなった。

 霊長類が専門の京都大院生で同園をフィールドにニホンザルの社会性を研究している石塚真太郎さん(25)は、9月初旬に木の枝に座っていたトラを突然、2番オスが襲って腹部に体当たりするのを目撃。「以来、トラは2番オスから逃げるようになった。“下克上”ですかね」と話す。

 飼育員の西尾昭弘さん(62)によると、オスは大人(性成熟した)になると、強い家系のオスのほかは群れを離れる。B群にはこれまで大人のオスが8匹前後いたが、近年は2~3匹で大人のメスは約100匹だという。

 西尾さんは「子ザルの悲鳴や争い事に駆けつけるのがボスの役目で、新ボスは体格が大きく存在感と迫力がある」としながらも「交尾期の今、離れオスが入りやすので、新ボスの手腕をしばらく観察する」と話している。