産経ニュース

太鼓台、勇壮に舞う 小豆島の秋祭りシーズン幕開け

地方 地方

記事詳細

更新


太鼓台、勇壮に舞う 小豆島の秋祭りシーズン幕開け

 勇壮に太鼓台が舞う小豆島(香川県)の秋祭りシーズンが幕開けした。小豆島町福田の葺田八幡神社では11日、同地区と土庄町小部の4自治会から4基の太鼓台が集まり奉納された。

 小豆島の秋祭りは「太鼓祭り」とも呼ばれて親しまれており、小豆郡内に8社ある八幡神社での秋の祭礼に奉納される。

 葺田神社では太鼓台のほかに、獅子舞と長刀踊りが呼びもの。獅子舞は祭りを前に岡、尾崎、若浜、小部から4つの獅子がそれぞれ、地区内の各家を訪問して「そりゃ、獅子じゃ獅子じゃ」などと声をかけ、笛や太鼓ではやしながら舞いを披露した。

 その後、担ぎ手らが太鼓台を担いで鳥居をくぐり同神社馬場に宮入り。一方に傾けたままで馬場を練り回った後、「しゃあしゃあげ(差し上げ)」と声を合わせて太鼓台を高く持ち上げると、見物客から大きな歓声が上がり、写真愛好者らは盛んにシャッターを切っていた。

 小豆島では今後、土庄町の伊喜末八幡(13日)、土庄八幡(14日)、富丘八幡(15日)、豊島家浦八幡(18日)、豊島唐櫃八幡(21日)、小豆島町の内海八幡(15日)、亀山八幡(16日)の各神社の祭礼で太鼓台が奉納される。