産経ニュース

政治的発言の有無焦点 追悼碑訴訟結審 来年2月に判決 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


政治的発言の有無焦点 追悼碑訴訟結審 来年2月に判決 群馬

 高崎市の県立公園「群馬の森」の朝鮮人追悼碑をめぐり、碑設置者の「追悼碑を守る会」が県を相手取り設置更新の不許可処分取り消しなどを求めた訴訟の第16回口頭弁論が11日、前橋地裁(塩田直也裁判長)で開かれ、結審した。判決は来年2月14日。

 碑の建立にあたり、県と守る会が交わした「政治的、宗教的行事および管理を行わない」とする設置許可条件に違反する政治的発言の有無などについて、両者の見解は真っ向から対立している。

 県側は、平成16年4月に行われた碑の除幕式での中山敏雄氏=当時同会運営委員=の「碑文に謝罪の言葉がない。今後も活動を続けていこう」といった発言などを問題視。25年12月、守る会が開催した集会や除幕式の様子を報じた朝鮮新報の記事で碑が政治利用されたとの疑念を示した。

 碑をめぐって住民の抗議活動も起きたことなどから、26年7月に「(碑の)存在自体が論争の対象になっている」と結論づけ、安全性や都市公園の在り方などの観点から設置更新を不許可とした。

 公判の主な争点は(1)政治的な発言や行事の有無(2)設置許可条件が表現の自由に違反しているか(3)不許可処分の妥当性-などだ。

 原告側は当初、朝鮮新報の記事内容を認めていたが、中山氏の発言は除幕式でのものではないとする証拠動画を公判で提出。「条件違反ではない」などと主張している。

 しかし、県側は除幕式での発言の有無について「(原告側の)自白が成立しており、争いのない事実だ」としている。

 原告側は不許可処分は「裁量権の逸脱だ」「表現の自由を侵害している」と非難。これに対しても県側は「独自の解釈に基づく主張といわざるを得ない」などと反論している。