産経ニュース

フグの季節到来 下関で「初競り」 台風影響、内海もの減少

地方 地方

記事詳細

更新


フグの季節到来 下関で「初競り」 台風影響、内海もの減少

 フグの季節がやって来たことを告げる「初競り」が22日未明、取扱量日本一を誇る山口県下関市の南風泊市場であり、天然や養殖のトラフグ計約4トンが次々と競り落とされた。最高値は1キロ当たり1万9千円で、昨年より1千円安かった。

 午前3時20分ごろ、ベルの音とともに競りが始まり、競り人が「この魚ええか、どうか」と威勢の良い声を張り上げた。筒状の黒い袋の中で競り人と仲買人が指を握り値段を決める独特の「袋競り」があり、20分ほどの間に取引を終えた。フグは主に東京や大阪に出荷されるという。

 市場を運営する下関唐戸魚市場の見原宏社長は「台風で漁に出られなかった影響で、豊後水道など内海のフグが少なかった。年々減少していて心配だが、一匹でも多く市場に出したい」と話した。