産経ニュース

九州豪雨被災地に増設仮設43戸完成、入居へ 集会所も

地方 地方

記事詳細

更新


九州豪雨被災地に増設仮設43戸完成、入居へ 集会所も

 九州北部の豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市と東峰村で、県が建設していた仮設住宅の増設分43戸が完成し、入居者への鍵の受け渡しが16日、始まった。これで福岡県の被災地で予定された100戸全てが整備され、希望した全世帯計207人が入居できる。

 半数近くの48戸が並ぶ朝倉市の杷木小グラウンドには、住民が気軽にだんらんできる集会所も完成し、同日、報道陣に公開された=写真。県県営住宅課の関友洋課長技術補佐(52)は「気軽に立ち寄ってもらい、交流の場として活用してほしい」と語った。

 43戸は2DKと1DKの間取りが中心となる木造平屋建てで、朝倉市の3カ所に38戸、東峰村に5戸、設置された。先行分の57戸は8月に完成し、入居が済んでいる。