産経ニュース

香美で梨ワイン仕込み始まる

地方 地方

記事詳細

更新


香美で梨ワイン仕込み始まる

 香美町香住区の発酵食品会社「トキワ」で、二十世紀ナシを使った梨ワインの仕込みが始まった=写真。来年1月中頃に新酒を販売予定という。

 今年はナシの鮮度を重視し、仕込み量は昨年より8トン少ない約12トン。例年より10日早い仕込みとなった14日、同社のワイン工房では約10人がJA香住などから仕入れたナシを選別し、水洗いの後、果汁を搾った。

 今後、低温発酵や濾過(ろか)作業などを経て、計7800リットルの販売を見込んでいる。柴崎明郎社長(46)は「フレッシュ感のある梨ワイン。飲みやすさを期待してほしい」と話した。