産経ニュース

日本初開催の「G20」愛知県が誘致へ…中部空港島の展示場で 担当者「世界的な知名度向上につながる」

地方 地方

記事詳細

更新


日本初開催の「G20」愛知県が誘致へ…中部空港島の展示場で 担当者「世界的な知名度向上につながる」

愛知県の大村秀章知事 愛知県の大村秀章知事

 愛知県は14日、平成31(2019)年に日本で初めて開催される20カ国・地域(G20)首脳会合の誘致を目指すことを明らかにした。中部国際空港(同県常滑市)の空港島に、県が31年秋に開業させる大型展示場を会場とする方針。

 県担当者は「開催できれば、愛知県の世界的な知名度の向上につながる」と狙いを語った。

 G20は、日米欧の先進7カ国(G7)と、中国やインド、韓国、ロシア、ブラジルなど計19カ国と欧州連合(EU)がメンバー。首脳会合を毎年開き、世界経済を中心に議論する。

 県によると、31年の開催時期は決まっていないが、外務省が近く始める開催地の公募に手を挙げる。他に誘致を目指す自治体の情報はないという。会合関係者の宿泊先として8千室が必要とされるため、名古屋市との共催を想定。地元経済団体とも連携する。

 県は中部空港島内に展示面積6万平方メートルの大型展示場を建設中で、31年9月に開業する予定。