産経ニュース

静岡県、優良介護表彰制度を新設 2部門で10事業所受賞

地方 地方

記事詳細

更新


静岡県、優良介護表彰制度を新設 2部門で10事業所受賞

 県は優良介護事業所の表彰制度を創設し、今年度の受賞事業所を決定した。対象は「職場環境の改善」と「サービスの質向上」の2部門で、法人内に認定こども園を設置している伊豆市の事業所や要介護3以上でも一般浴槽での入浴を可能にしている浜松市南区の事業所など10事業所が選ばれた。17日に静岡市駿河区のツインメッセ静岡で開く「ふじのくにケアフェスタ」で表彰する。

 同表彰制度は介護サービスや職場環境が充実している事業所を県が評価、公表することで、介護職員の職場定着と新規就業者の増加を促すのが狙い。今年度は自薦、他薦を問わず応募を受け付け、県に加え静岡労働局や大学の関係者らが審査に当たった。

 受賞した事業所には、知事褒賞が授与される。今年度の受賞事業所は次の通り。

 【職場環境改善部門】有料老人ホームサンリッチ三島(三島市)▽小規模多機能型居宅介護事業所北狩野ケアセンター(伊豆市)▽介護老人保健施設星のしずく(静岡市葵区)▽特別養護老人ホーム高麗(焼津市)▽特別養護老人ホーム南風(浜松市南区)

 【サービスの質向上部門】グループホームいっしょに暮らそう(富士宮市)▽介護老人保健施設鶴舞乃城(静岡市清水区)▽ケアハウスゆやの里(磐田市)▽指定通所介護事業所ここ倶楽部(浜松市南区)▽介護老人保健施設まんさくの里(湖西市)