産経ニュース

カープユニホームで勤務 広島市が応援企画

地方 地方

記事詳細

更新


カープユニホームで勤務 広島市が応援企画

 広島市は、職員がリーグ連覇目前の広島カープのユニホームやTシャツを着て勤務する応援企画を始めた。

 リーグ優勝した昨年に続く企画。市役所本庁舎のスポーツ振興課では、全員がカープファンという職員18人が自前のユニホームを着て勤務し、応援ムードを高めている。

 市は、ホームページのトップページで連日、優勝までのマジックナンバーを掲載。優勝時にはお祝いのメッセージを載せるほか、中区役所などに「祝カープ優勝 感動をありがとう!」と書かれたジャンボ懸垂幕を掲げる。

 市スポーツ振興課の檜垣智弘課長補佐は「カープの活躍は、市民に誇りと夢と感動を与えてくれる。今年もユニホームを着ることができてうれしい」と話した。