産経ニュース

日本一低い山「縦走」しよう 10月22日、大阪・天保山で恒例イベント

地方 地方

記事詳細

更新


日本一低い山「縦走」しよう 10月22日、大阪・天保山で恒例イベント

 日本一低い山とされる大阪市港区の天保山(標高4・53メートル)から堺市堺区の蘇鉄(そてつ)山(同6・97メートル)まで約20キロのコースを歩く恒例イベント「日本最低山縦走大会」が10月22日に開催される。2つの山を縦走したと自慢しようという“いちびり精神”で始まった大会は今回で7回目。実行委員会は「大阪の街の風景を楽しみながらウオーキングを楽しんでほしい」と参加を呼びかけている。

 天保山と蘇鉄山は、国土地理院が定める測量の基準点で、それぞれ日本一低い山とされる。コースは天保山に登った後、なみはや大橋を渡り、千本松渡船で木津川を越えて南下し堺市へ。大浜公園にある蘇鉄山に登頂し、ゴールの堺市役所前広場を目指す。道中に設置されたチェックポイントの高灯籠を通過すれば電車への乗車や寄り道をしても完走となる。

 当日は午前8時に海遊館前広場で受け付け開始。9時にスタート、午後4時にゴールの受け付け終了。参加費は事前受け付け千円、当日受け付け1300円(いずれも小学生以下は無料)。事前受け付けは今月29日締め切り。

 参加申し込みは大会ウェブサイト(http://www.nihonsaiteizan.com)などから可能。問い合わせは実行委(電)06・6678・8111。