産経ニュース

金沢駅に直通新幹線が到着、加賀友禅大使らが出迎え

地方 地方

記事詳細

更新


金沢駅に直通新幹線が到着、加賀友禅大使らが出迎え

仙台から直通運転の新幹線で金沢駅に到着し、加賀友禅大使らの出迎えを受けるツアー客=4日午後 仙台から直通運転の新幹線で金沢駅に到着し、加賀友禅大使らの出迎えを受けるツアー客=4日午後

 仙台-金沢を乗り換えなしで直通運転する北陸新幹線用のE7系車両が4日午後、金沢駅に到着し、約4時間の旅を楽しんだツアー客約440人を加賀友禅大使の女性らが出迎えた。

 午前10時半ごろに仙台駅を出発した新幹線は、福島や長野、富山の各県内の駅を経由し、午後2時45分に金沢駅に到着。観光客は大使らのもてなしに手を振って応えると、貸し切りバスに乗り込んだ。ツアー客は和倉温泉(石川県七尾市)や永平寺(福井県永平寺町)などを巡り、6日に帰路に就く。

 福島駅から乗車したという山形県南陽市の農業、長島こうさん(65)は「初めての北陸。金沢の伝統工芸に触れてみたい」と笑顔で話した。仙台市の無職、佐藤義則さん(63)は「乗り換えなしで快適だった。夫婦で兼六園を観光するのが楽しみ」と顔をほころばせた。

 直通新幹線は、JR東日本と西日本が北陸を観光してもらおうと、昨年に続き1往復限定で企画した。10月には同じ区間で、金沢発の直通新幹線(1往復限定)も企画している。