産経ニュース

第20代「豊岡・りく娘」家元さんと松井さんに決まる 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


第20代「豊岡・りく娘」家元さんと松井さんに決まる 兵庫

第20代「豊岡・りく娘」に選ばれた家元亜美さん(左)と松井紫穂さん=豊岡市大手町 第20代「豊岡・りく娘」に選ばれた家元亜美さん(左)と松井紫穂さん=豊岡市大手町

 「忠臣蔵」で知られる大石内蔵助の妻、りくの生まれた豊岡市をPRする第20代の「豊岡・りく娘」に2日、近畿大2回生の家元亜美さん(19)=同市千代田町=と、家業手伝いの松井紫穂さん(22)=同市九日市下町=が選ばれた。

 この日行われた認証式で、幼い頃からりく娘に憧れていたという家元さんは「りくさんは強く、たくましい女性。選ばれてうれしいです」。21歳の時にUターンし、現在は家業の焼き鳥店を手伝っている松井さんは「母が『いい思い出になるよ』と応募しました。りくさんは芯の強さがありますね」と話した。

 りく娘はりくの生誕地・豊岡をPRし、但馬・豊岡の観光キャンペーンに活動してもらう目的で、毎年2人を選出している。対象は但馬地域在住か在勤で、19歳以上30歳未満の未婚女性。2人は10月21、22日に豊岡市内で開催される「第20回大石りくまつり」でお披露目される。