産経ニュース

全国選抜少年野球下関大会 乙訓オールスターズが優勝 山口

地方 地方

記事詳細

更新


全国選抜少年野球下関大会 乙訓オールスターズが優勝 山口

優勝を決め、喜びを爆発させる乙訓ナインら=山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関球場 優勝を決め、喜びを爆発させる乙訓ナインら=山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関球場

 第21回全国選抜少年野球下関大会(山口銀行、産経新聞など特別協賛)は27日、山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関球場などで決勝トーナメントが行われた。乙訓オールスターズ(京都)が大淀イーグルススポーツ少年団(宮崎)を7-3で下し、優勝した。

 乙訓は初回に先制され、三回にも四球や盗塁でピンチを広げた。大淀の馬乗園の内野ゴロの間に追加点を許した。

 だが、乙訓は六回1死二、三塁のチャンスで草薙が適時打を放ち、同点に追いついた。続く代打の山本の右前適時打でさらに1点を追加するなど、この回、一挙に5点を奪って突き放した。

 乙訓・藤田健人主将の話 「前の試合でサヨナラ勝ちを収め、勢いに乗った。あきらめず戦い抜いたことが勝因だと思う」

 乙訓・岡田勝監督の話 「絶対勝つという集中力が相手を上回った結果だ。選手には、試合を楽しめと言い聞かせていた」

 【総合順位】

 (1)乙訓(2)大淀(3)基山(4)生馬(5)所沢(埼玉)(6)北郷(愛媛)(7)長崎(8)萩維新(山口)(9)西風(広島)(10)児島(岡山)(11)鹿児島(12)城西(熊本)(13)我那覇(沖縄)(14)美里(沖縄)(15)八幡(京都)(16)川内(鹿児島)