産経ニュース

道の駅「あまるべ」に立体顔出しオブジェ

地方 地方

記事詳細

更新


道の駅「あまるべ」に立体顔出しオブジェ

今西照一さんが作ったマイカの顔出しオブジェ=香美町香住区 今西照一さんが作ったマイカの顔出しオブジェ=香美町香住区

 香美町香住区余部地区の道の駅「あまるべ」に、カサゴとマイカをモチーフにした顔出しオブジェがお目見えした。従来の顔出しパネルは平面だが、立体的なのは珍しく、立寄った観光客がさっそく記念撮影を楽しんでいる。

 余部橋脚の一部に設置したカサゴは高さ1・8メートル、横80センチで、2人用。マイカは高さ2・2メートル、横30センチで1人用。いずれも強化プラスチック製で、本物そっくりに立体成形し、彩色されている。

 地元の看板工芸師の今西照一さん(58)が、道の駅を運営する「あまるべ振興会」から「道の駅をアピールするオブジェを」と依頼され、制作していたオブジェを作り直した。

 マイカの表面は「まー、イーカ!!」と文字をあしらい、カサゴの裏面には駅長のメッセージとして「(カサゴは)余部とその周辺の方言ではアナカーと呼ばれ、沿岸の底の穴の中に住んでいることから」という由来などを記している。

 今西さんは「スマホなどで発信してもらうとうれしい」と話している。