産経ニュース

C2輸送機が小松基地に 空自が駐機や燃料補給訓練

地方 地方

記事詳細

更新


C2輸送機が小松基地に 空自が駐機や燃料補給訓練

航空自衛隊小松基地に飛来したC2輸送機=23日午前、石川県小松市 航空自衛隊小松基地に飛来したC2輸送機=23日午前、石川県小松市

 鳥取県境港市の航空自衛隊美保基地(米子空港)に配備されているC2輸送機1機が23日、石川県小松市の空自小松基地(小松空港)で運用試験を行うため、同基地に飛来した。小松基地での運用試験は初めて。

 小松基地によると、午前10時に基地に到着して駐機や燃料補給訓練を行い、午後3時ごろ離陸し美保基地に戻る予定。

 老朽化が進むC1輸送機の後継であるC2輸送機は平成13年度から開発が始まり、28年度に完了した国産輸送機。与圧試験中に貨物扉が脱落するなど機体の強度不足が判明し、当初の計画から配備が5年先延ばしになった。今年3月、国内で初めて美保基地に3機配備された。

 現在、年明けに予定している任務開始に向け、全国各地の基地での運用試験を続けている。