産経ニュース

【静岡・古城をゆく 直虎動乱の渦】直盛と桶狭間の戦い 井伊家を案じ無念の最期 

地方 地方

記事詳細

更新

【静岡・古城をゆく 直虎動乱の渦】
直盛と桶狭間の戦い 井伊家を案じ無念の最期 

井伊直盛布陣の「巻山」にある案内板=名古屋市緑区有松町 井伊直盛布陣の「巻山」にある案内板=名古屋市緑区有松町

 永禄3(1560)年5月、桶狭間へ向け井伊直盛の約1500の兵は先鋒(せんぽう)として出陣しており、本隊の今川義元は12日に駿府を出馬し、総勢2万5千の大軍であった。18日夜、尾張国の沓掛城(愛知県豊明市)に入り、松平元康(家康)に大高城への兵糧入れと織田軍の丸根砦(とりで)、鷲頭砦の攻撃を命じている。

 義元は大高城の兵糧入れを確認し、歴史的決戦場となってしまった「おけはざま山」へ向かった。信長にとっては読み通りのコースで、同時に清洲城(同県清須市)を出て熱田神宮に寄り、丹下砦から善照寺砦に入る。ここは義元本体と合戦場全体が見渡せる優越的地形にあった。

 両軍の布陣図を見ると、今川軍は制圧した鳴海城と元康が入った大高城。一方の織田軍は鳴海城に対し3つ、大高城には4つの付城(陣城)を配し、圧倒する勢いで戦いに挑んでいた。

 また、信長に勝因を導いたのは新暦でいう6月12日の梅雨末期の天候。『信長公記』などに、信長は2千を率いて善照寺砦に入ると、「義元おけはざま山に人馬の息を休めこれあり」と、勝ちを確認し出撃を命じた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 直盛と桶狭間の戦い 井伊家を案じ無念の最期