産経ニュース

【元気起業かながわ】金型設計・加工「ニットー」 一貫体制にこだわり「横浜発信」に強み

地方 地方

記事詳細

更新

【元気起業かながわ】
金型設計・加工「ニットー」 一貫体制にこだわり「横浜発信」に強み

 金型設計で創業し、今では設計から機械加工、プレス板金加工、試作品製作、さらに検査や量産品製作まで一貫対応できる点を強みとして、今年で創業50年を迎える「ニットー」(横浜市金沢区)。脱下請けを目指し、国内の中小企業で初めてクラウドファンディングでユニークなスマートフォンケースを開発し、世界43カ国に販路を広げる大ヒットを記録して認知度が向上した。安い人件費でアジアに進出する企業がある中、一貫生産や独自品の自社開発という付加価値によって、あえて横浜の事業所での開発や生産にこだわる。

 横浜シーサイドラインの鳥浜駅から徒歩10分。若者たちに人気の「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」のすぐそばに本社事業所を構える。整然とした事業所内では、約40人の従業員がさまざまな加工作業などに集中。活気あふれる現場となっている。

 昭和42年に父が磯子区に日東工業を創立したのを皮切りに、平成16年には量産プレス業の伏見製作所、17年にアルミ板金業の田辺製作所、さらに厚板プレス業の小池慎一製作所をグループ傘下におさめ、業容を拡大してきた。

                 ◆ ◆ ◆

 22年に現在の場所に本社を移転した後も、2代目の藤沢秀行社長(44)は難しい経営判断を迫られてきた。

 リーマン・ショックを機に、人件費の安い中国に製造拠点を設けてほしいという要請が殺到。しかし、藤沢社長は「設計から量産品生産までワンストップでできる強みがあり、横浜にいても対応できる」との思いから、海外進出の選択はあえてとらなかった。

 今や少量多品種生産や設計から製品化までの時間短縮が求められており、「一貫体制にこだわった」という藤沢社長の読みは、ずばりと的中した格好だ。父の経営する時代から仕事をえり好みせず、相手のニーズに最大限応える体制を貫いたことや、さまざまな得意分野を持つ企業の買収をしてきたことにより、顧客も増え、業績も好調を維持している。

 また、一貫体制以外で力を入れているのが、自社製品の開発だ。ヌンチャクのように片手で手首を返すと開け閉めができるスマホケース「iPhoneトリックカバー」を24年に開発した。

                 ◆ ◆ ◆

 日本の中小企業として初めて、商品開発や販売のために事前に広く資金を集めるクラウドファンディングを利用して販売したところ世界中で話題が沸騰。「今では世界43カ国からオーダーが集まる。各国の販売者がいい意味で勝手にSNSなどで広めてくれるため、お金をかけずに販促でき、ありがたく思っている」と打ち明ける。

 さらに千葉大と共同開発を進めているのが、ウェアラブルチェア「アルケリス」。手術中に中腰の姿勢をし続ける必要があるため、腰を痛めやすい医師の救世主的な器具として年内の販売を目指し、すでに開発の最終段階にある。

 この製品は、膝関節と足首を固定することで体幹を支え、中腰の姿勢で座っているような体勢にでき、筋肉疲労を抑えられる点が特徴だ。中腰での作業が多い医師用に開発したが、障害者や高齢者などにも応用が可能なため、「用途開発や利用しやすさを深めたい」考えという。

                 ◆ ◆ ◆

 これまでは欠員が出た際に専門的な社員をその都度、採用してきたが、今年から創業以来初めて新卒の採用に踏み切り、3人が入社した。「新入社員が入ったことで、社内の教育体制を構築する必要が出てきて、結果として活性化につながっている。今までにない、新しいことに挑戦するためにも若い戦力を育てることは重要で、新卒採用を継続していく」と話す。

 藤沢社長は、横浜市近郊に工場を構える金属加工会社の社長ら10人が集まって各社の技術を組み合わせて物作りを行うブランド事業「横浜メーカーズビレッジ」を発足。今年4月、イタリアでの国際的デザイン展示会「ミラノサローネ」に、加工技術力などを生かした「花器」を出展した。展示会では高い評価を集め、世界の有名デザイナーからさまざまなアイデアを得ることもできたという。

 横浜にはもともと多様な中小企業が集積しており、今回の活動を通じて「横浜から世界へ」という考えを一層強めているようだ。(那須慎一)

                   ◇

【会社概要】ニットー

 本社=横浜市金沢区鳥浜町14の16(電)045・772・1371▽設立=昭和42年9月▽資本金=1000万円▽従業員数=42人(平成29年7月1日現在)▽売上高=6億5170万円(平成28年度)▽事業内容=プレス金型製作や加工、板金加工、機械部品加工、治工具設計製作、溶接加工、製品開発、製造、販売。金型および金型部品の販売など。