産経ニュース

車内へ氷柱2本、タライにドライアイス 旧明延鉱山で“納涼一円電車” 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


車内へ氷柱2本、タライにドライアイス 旧明延鉱山で“納涼一円電車” 兵庫

 ■家族連れ楽しむ

 旧明延(あけのべ)鉱山(養父市大屋町)で13日、一円電車の体験乗車会が開かれた。この日は1日限定で車内に氷柱が置かれ、“納涼一円電車”として運行。訪れた大勢の家族連れらが涼を楽しんだ=写真。

 一円電車は夏休み期間中、毎日曜日に運行しているが、「残暑を少しでも涼しんでもらおう」と養父市などが企画した。「くろがね号」の車体には「一円電車、冷えてます」の看板を掲げ、製氷所から運ばれた高さ約50センチの氷柱2本を車内に設置。下にはタライにドライアイスを入れて、スモークが出るようにした。

 この日も猛暑で、子供たちは涼しい演出に大喜び。夏休みの自由研究で訪れた姫路市の中学2年、荻原瞭さん(14)は「明延には何回も来ているけど、氷柱のある一円電車のアイデアは夏向きでおもしろい」と話していた。