産経ニュース

4000発夜空彩り、催しもずらり 19日に芦野花火大会 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


4000発夜空彩り、催しもずらり 19日に芦野花火大会 栃木

 那須町芦野で19日、芦野聖天花火大会が開かれる。真言宗の名刹(めいさつ)、芦野三光寺の縁日に合わせて毎年開かれており、今年も4千発の花火が夜空を彩る。

 花火は午後7時15分から芦野御殿山で打ち上げ、河川敷の花火とは違う趣がある。当日は周辺が歩行者天国となり、夕方から太鼓や三味線、民謡、キッズダンスのステージイベントが予定されている。また、湯本温泉と芦野を結ぶ無料送迎バスが運行される。

 三光寺は弘法大師作と伝わる3体の聖天(大聖歓喜大自在天)の一つを本尊に祭り、「日本三大聖天」の一つとされる。白河藩主の松平定信直筆の扁額(へんがく)が奉納され、本堂正面の松の名木「松翁」はその記念として文化8(1811)年に植樹された。

 花火大会の問い合わせは那須町観光協会(電)0287・76・2619。