産経ニュース

親子で島根ダム巡り 昼食には“ダムカレー”

地方 地方

記事詳細

更新


親子で島根ダム巡り 昼食には“ダムカレー”

 夏休み中の親子を対象にした島根県東部のダム巡りツアーが12日、開かれた。参加者らは尾原ダム(雲南市木次町)と三成ダム(奥出雲町)、千本ダム(松江市)とタイプの異なるダムを見学。昼食に「ダムカレー」を食べるなど“ダムづくし”の一日を過ごした。

 ダムへの理解を深めてもらおうと、県技術士会青年部会が企画。県内の小・中学生とその保護者ら24人が参加した。

 国内最大級の水中放流設備を持つ尾原ダムでは、ダム管理支所内で、通常は入れない操作室を見学したりしたあと、ダム堤体の下部へ。ダムにためた水を流す際、近くの民家への騒音の影響を減らすため水中放流方式を採用した構造などについて、職員が説明した。

 国内初の本格的アーチダムとして土木遺産に認定された三成ダムでは、堤体上から豪快な放流の様子などを見学。松江市の上水道水源として建設された千本ダムでは、堤体や浄水設備などを見学したり、「ダムカード」を自作したりした。

 昼食は、奥出雲町の「佐白温泉長者の湯」でダムカレー。同町地域おこし協力隊員の大西健太さん(23)が考案したオリジナルメニューで、尾原ダムが雲南・奥出雲両市町にまたがっているのにちなみ、ダムをかたどったごはんを挟んで種類の異なる具材のカレーが楽しめる趣向だ。

 参加した松江市の中学1年、水津創君(13)は「大きなダムを間近で見ることができた。ダムカレーはサバの具のほうがおいしかった」と話していた。

 長島哲郎・部会長は「この催しを通じ、科学技術を駆使して地元に作られた構造物に触れることで、一人でも多くの若者が将来ふるさとに残り、技術系の道に進んでほしい」と期待している。