産経ニュース

【静岡・古城をゆく】直虎動乱の渦 桶狭間の戦い 「東海制圧」へ出陣か 

地方 地方

記事詳細

更新

【静岡・古城をゆく】
直虎動乱の渦 桶狭間の戦い 「東海制圧」へ出陣か 

 桶狭間の戦い(永禄3年=1560)は、小勢であった織田信長の見事な奇襲で大軍の今川義元を破ったことが通説になっている。それは明治35(1902)年に帝国陸軍参謀本部がまとめた『日本戦史・桶狭間の役』によるもので、この頃は中国やロシアと対峙(たいじ)しており、日本を信長に見立てて、「少数でも大国に勝てる」指針としたとみられる。

 桶狭間古戦場公園は愛知県豊明市(伝承地)と名古屋市緑区有松町の2カ所あるが、近年の広大な開発で地形的判断は難しい。緑区の公園近くには義元の首を検証した長福寺、井伊直盛が布陣した巻山、瀬名氏俊が布陣した「セナ藪」の背後に義元本陣跡があるが、日本戦国史を代表する合戦場の面影は浮かんでこない。

 約20年前に震撼(しんかん)の新説が出て話題となった。信長側近の一人、太田牛一が記した『信長(しんちょう)公記』から先学は「乾坤一擲(けんこんいってき)の一か八かの大勝負にでた正面攻撃」と指摘している。

 細かい戦いは次回で紹介するが、それよりも意外に分かっていないのが義元の尾張侵攻で、従来は「衰退した足利将軍にとって代わろうとする上洛」説であったが、これは早くから否定されていた。

 諸説として、今川領となった「三河国の安定支配」説と、信長をたたき那古野(名古屋城)まで奪い取る「尾張国奪取」説がある。

 ところが近年“目から鱗(うろこ)”の文書史料が見つかった。桶狭間の戦い2カ月前に、今川氏重臣・関口氏純が伊勢神宮に宛てた手紙で、「伊勢下宮の変遷費用は制圧した三河国から工面するが、これから尾張国へ出馬し、さらに『国々』(伊勢・志摩)を制圧し調達する」という内容だ。

 まさに東海の国々を手中にする「東海地方制圧」説で、「東海王国の樹立」を目指しての出陣は“最強”今川軍の余裕さえもうかがえる。(静岡古城研究会会長 水野茂)