産経ニュース

淡路島・ニジゲンノモリにレストラン 「売り」は燻製料理

地方 地方

記事詳細

更新


淡路島・ニジゲンノモリにレストラン 「売り」は燻製料理

ニジゲンノモリにオープンしたレストラン「モリノテラス」=11日、淡路市楠本の県立淡路島公園 ニジゲンノモリにオープンしたレストラン「モリノテラス」=11日、淡路市楠本の県立淡路島公園

 淡路市楠本の県立淡路島公園内に7月にオープンしたアニメと自然を融合させたテーマパーク「ニジゲンノモリ」で11日、レストラン「モリノテラス」がオープンした。

 公園内の芝生の広場前に約480平方メートル、250席の店舗を建設。神戸市出身でひょうご「食」担当参与の山下春幸氏(48)をシェフに迎え、森の隠れ家をテーマに淡路島の素材にこだわった料理を提供する。

 スペアリブや淡路島タマネギなどを燻製(くんせい)にした「スモークアソート」(2680円)や「森のゴロゴログリル燻製野菜とワイルドベーコンのサラダ」(1480円)など燻製料理が売り。山下氏は「子供から高齢者まで楽しめるキャンプの延長線のような料理。近所の人も遠方の人もわざわざ食べに来てくれる料理を目指しました」と話す。

 ニジゲンノモリは人材派遣大手の「パソナグループ」が運営し、手塚治虫の漫画「火の鳥」をテーマにしたアトラクション「ナイトウォーク火の鳥」や、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材にしたアスレチックなどが設置されている。