産経ニュース

ペーパークラフトで古墳時代のかぶと 高槻の歴史館で体験教室

地方 地方

記事詳細

更新


ペーパークラフトで古墳時代のかぶと 高槻の歴史館で体験教室

 大阪府高槻市郡家新町の市立今城塚古代歴史館で11日、ペーパークラフトで古墳時代のかぶとをつくる体験教室が開かれた。

 同館では、太刀や甲冑(かっちゅう)などをかたどった埴輪(はにわ)を展示した夏季企画展「威儀のもの-王権儀礼の威容を示す器財埴輪-」を開催中(9月10日まで)で、かぶとづくり教室はその関連体験イベントのひとつ。

 家族連れら約30人が参加し、同館職員やボランティアの手ほどきで、埴輪の武人がかぶっている、両耳が隠れる縦長のかぶとづくりに挑戦した。

 子供らは、保護者らと協力して7つの紙の部品に穴を開けたあと、パーツの上下を間違わないよう「設計図」を見ながらひもを通して組み立てていき、1時間半ほどで完成。交代でかぶとをかぶり、写真に納まっていた。