産経ニュース

【普天間移設】カヌー70艇、辺野古沖抗議 埋め立て3カ月で反対派

地方 地方

記事詳細

更新

【普天間移設】
カヌー70艇、辺野古沖抗議 埋め立て3カ月で反対派

 沖縄県名護市の辺野古沿岸部=23日  沖縄県名護市の辺野古沿岸部=23日

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で25日、移設に反対する市民らがカヌー約70艇で工事中止を求める抗議活動を行う。政府の埋め立て工事着手から同日で3カ月。移設阻止を掲げ24日に工事差し止め訴訟を起こした沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事を後押しする狙いもある。

 政府は4月25日、埋め立ての第1段階として、埋め立て区域の北側で護岸を造る工事を始めた。

 辺野古移設をめぐっては平成27年10月に、現場海域の埋め立て承認を取り消した翁長氏の処分に関し、政府と県が法廷闘争を繰り広げ、昨年12月に最高裁で県側敗訴が確定した。