産経ニュース

【高校野球群馬大会】シード高崎、3回戦で散る

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球群馬大会】
シード高崎、3回戦で散る

 第99回全国高校野球選手権県大会は16日、上毛新聞敷島、高崎城南の2球場で6試合が行われた。この日登場した4シード校のうち、桐生南は初回に大量得点し、逃げ切る形で高崎北を下した。前橋東は15安打を放ち、八回コールドで勝利した。東農大二は序盤に富岡に点を奪われ苦戦。延長十二回にもつれ込んだ末に、サヨナラ勝ちを収めた。一方高崎は、投手陣が打ち込まれ、利根実に3点差で敗戦。3回戦で涙をのんだ。前橋工、前橋商もそれぞれ勝ち、4回戦へ駒を進めた。

 

 【上毛新聞敷島球場】

 ▽3回戦

 高 崎   000 000 010-1

 利根実   201 000 10×-4

(高)渡辺、矢島-緒方

(利)宮田-福島

 ▽本塁打=岩瀬、生方(利)▽二塁打=金子、石田(利)星野(高)

 桐生南   600 000 000-6

 高崎北   002 000 000-2

(桐)横塚-星野光

(高)小林-村上

 ▽三塁打=新井裕、横塚(桐)

 前橋工   013 100 300-8

 高崎商   000 101 002-4

(前)南、岡田、東-奥野

(高)小沢、竹内、永井、小池、山田-坂本

 ▽三塁打=引田、清水(前)田中(高)▽二塁打=引田(前)樋口(高)

 【高崎城南球場】

 前橋東   002 500 02-9

 渋 川   100 000 00-1

 (八回コールド)

(前)稲葉、今泉-市川

(渋)島-松村

 ▽本塁打=久保田(前)▽二塁打=関口、市川(前)

 富 岡   040 000 000 000-4

 東農大二  000 012 100 001x-5

 (延長十二回)

(富)寺島、山田-鈴木、富岡

(東)経田、菅沢、阿部-大塚

 ▽三塁打=野村(東)竹井(富)▽二塁打=中島(東)

 前橋商   101 500 001-8

 桐生工   001 000 000-1

(前)戸谷、唐沢、星野-岩崎

(桐)松村、西田、堀田-田村

 ▽三塁打=大谷(前)白砂(桐)▽二塁打=森田(桐)

                   ◇

 ■春コールド負けの前橋工、雪辱果たす

 2番打者が打ち上げたフライを三塁手が捕球した瞬間、球場は歓声に包まれた。春の雪辱を果たした前橋工ナインは、満面の笑顔でグラウンドに飛び出した。

 今春大会、前橋工は1回戦で高崎商に9点差でコールド負け。力の差を思い知ったチームは沈み、思うようなプレーができなくなっていた。だが、けがで療養していたエース、南が大会前に復帰。主将の帰還にチーム全体がまとまり、5、6月にかけて急速に力を伸ばした。

 6月の抽選会で同ブロックになってからは、“打倒・高崎商”を掲げ、死にものぐるいで練習してきた。この日は投手3人の継投で4点差をつけ快勝。六回を投げた南は、自身の記録を2キロ上回る最速137キロをマークした。

 上り調子のエースは「今日の勝ちは忘れて次の試合でも全力を出す」と意気込んだ。

                   ◇

 ■高崎・樺沢亮介主将 「油断した…悔しい」

 シード校として迎えた今大会。秋・春と勝ち上がってきただけに、敗戦の衝撃は大きかった。「油断してしまった。悔しい…」。厳しくチームを率いてきた主将は、座り込み号泣した。

 入部後、一塁手として、1年秋からレギュラー入りした。だが、初めての夏大会県予選となった昨年は初戦敗退。「お前が代わりにチームを勝たせろ」。引退する上級生から託された思いが、樺沢を成長させた。

 新チーム発足後、実戦形式での練習を繰り返した。本番でプレッシャーに負けないよう、ランナーを置いて決してミスできない状況を作る。主将を任されてから、ミスをしたチームメートを厳しく叱るようになった。「嫌われたくなかったから苦しかった」。それでも弱音を飲み込み、チームの勝利のため、先輩との約束のため、心を鬼にした。

 努力は結果にあらわれた。迎えた今大会では強豪、桐生第一を乱打戦で圧倒し、初戦を突破。だが、好調で3回戦を迎えたところで、チーム全員の気が緩んだ。初回にエース・渡辺が本塁打2本を浴び2失点。打線は相手投手のキレのいい変化球に翻弄され、ゼロ行進が続いた。樺沢も四、八回に四死球で出塁したものの、長打はかなわず記録は2打数0安打。

 「頼りない主将だった」と、後悔をにじませた樺沢だが、大好きな野球は大学で続けるつもりだ。

 「将来は野球に携わる仕事につきたい」。声を震わせながらも、次の目標を見据えた。