産経ニュース

三重県内最大級の農産物直売所「朝津味」1周年 感謝祭イベント続々

地方 地方

記事詳細

更新


三重県内最大級の農産物直売所「朝津味」1周年 感謝祭イベント続々

 津市高野尾町にある県内最大級の農産物直売所「朝津味」が開業1周年を迎えた。豊富な品ぞろえやイベント展開が奏功し、1年間で当初目標の倍近い約70万人が来場したという。8月上旬までは1周年を祝う催しを計画、さらなる集客増を図る考えだ。

 地元農家や園芸業者などでつくる運営会社の宮武新次郎事務局長によると、昨年7月2日にオープンし、直売所の売り場面積は約650平方メートルで、加工工房やフードコート、交流館などを加えた広さは約1千平方メートルと県内最大級。農産物を提供している約520人の農家の販売額は約1億4千万円に達しているという。

 「朝津味1周年感謝祭」と銘打った催しでは、津市と北海道上富良野町の友好都市提携や、同所と同様の形態を取る富良野町の直売所との協定にちなみ、8月6日まで「上富良野メロンフェア」を展開。夕張メロンと並んで甘くてジューシーな富良野メロンを直送して販売するほか、メロンやラベンダー味のジェラートを特別販売。メロンは正午ごろに試食会もあり、売れ行き好調という。

 22、23日には地元の榊原温泉の湯を使った「源泉足湯・日本一のぬる湯」を設置。長さ約2メートル、幅約1メートルの足湯に約30度の源泉を入れ、癒やしのひとときを楽しんでもらう。

 29日は白塚水産加工業協同組合による加工品の販売も。このほか、「日本のトンボと世界の昆虫展」なども予定されている。問い合わせは同直売所(電)059・230・8701。