産経ニュース

食べて優勝!!アスリート向け弁当で31年茨城国体PR

地方 地方

記事詳細

更新


食べて優勝!!アスリート向け弁当で31年茨城国体PR

茨城国体に向けて作られた5種類のアスリート向け弁当=14日午後、県庁(上村茉由撮影) 茨城国体に向けて作られた5種類のアスリート向け弁当=14日午後、県庁(上村茉由撮影)

 平成31年に開催される茨城国体への関心を高めようと、県内の弁当事業者5社が考案したアスリート向け弁当が県庁で披露された。

 弁当は、「いばらきゆめ弁当」「たんぱく質でボディメイク弁当」「スポーツ弁当」など5種類で、アスリートが効果的に栄養補給できるように、身体づくりに必要なタンパク質や、エネルギーとなる炭水化物などがバランス良く取り入れられている。

 弁当を作成したのは「お弁当の万年屋」「燦食」「さんQ」「日京クリエイト」「ジャパんサービス」の5社で、18日から9月30日まで販売される。

 試食した県スポーツ専門員でテニスプレーヤーの古川鈴夏さん(22)は「栄養バランスがいい。食べたら茨城国体でも優勝できると思います」と絶賛した。