産経ニュース

九州豪雨 日田で山崩れ斜面に亀裂 計器設置し警戒

地方 地方

記事詳細

更新


九州豪雨 日田で山崩れ斜面に亀裂 計器設置し警戒

 大分県は、九州北部の豪雨で大規模な山崩れが発生し、犠牲者も出た日田市小野地区の現場で、山の斜面に複数の亀裂が見つかったと明らかにした。新たな土砂崩れの危険性は低いという。県は亀裂の幅を測る伸縮計を2台設置し、24時間態勢で警戒する。

 亀裂は国土交通省が専門家に依頼した調査で、13日に見つかった。高さ約300メートル、幅約200メートルに及ぶ山崩れで露出した山肌の上部にあり、亀裂の最大幅は約10センチ。これに沿って地面が最大約80センチずれているという。