産経ニュース

義父切りつけ 1週間前に言い争う声 家庭内トラブルか

地方 地方

記事詳細

更新


義父切りつけ 1週間前に言い争う声 家庭内トラブルか

 14日深夜に新潟県長岡市北山の住宅で起きた殺人未遂事件で、義理の息子の少年(19)に切りつけられた会社員の男性(46)は現場の自宅内で亡くなった。1週間ほど前には、言い争うような声が男性の自宅から近所に漏れ聞こえていたといい、家庭内での何らかのトラブルが凶行につながった可能性がある。

 現場はJR長岡駅から西に3キロ余りで、信濃川にも近い普段は静かな住宅街。突然の事件発生で15日未明、救急車や警察車両が駆けつけるなど一時は騒然とした雰囲気に包まれた。

 顔見知りという70代の近所の男性によると、会社員の男性一家は「1年ほど前に引っ越してきた」という。近隣の住民で男性一家を知っている人は少なく、普段の近所付き合いはあまりなかったらしい。

 言い争うような声を顔見知りの近所の男性が聞いたのは、今月8日前後。内容は分からなかったものの男性と女性の声だったという。長岡署は、会社員の男性と少年の間にトラブルがなかったかなど事件の背景を詳しく調べている。