産経ニュース

【高校野球埼玉大会】浦学、徳栄コールド競演

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球埼玉大会】
浦学、徳栄コールド競演

 第99回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)は7日目の15日、県営大宮公園球場(さいたま市大宮区)など6球場で3回戦16試合が行われた。

 「浦和ダービー」では、関東大会優勝の浦和学院が浦和に、7-0の八回コールド勝ちを見せると、3年連続甲子園を目指す花咲徳栄も大宮南を20-1の五回コールドで下して存在感を示した。このほか、春日部東、久喜北陽、大宮西、星野、ふじみ野もコールド勝ちした。

 半数近くがコールド決着を見せる中、川越総合、埼玉平成が1点差で4回戦進出を決めた。川越総合は昌平と対戦し、初回に2点先制されたが、昨夏試合中にけがをして1年間苦しんだ主将・熊木が七回に3点本塁打、九回には投手として無失点で切り抜ける活躍で、勝利を呼び込んだ。

 16日の3回戦は6球場で16試合が行われる。(飯嶋彩希)