産経ニュース

【高校野球長野大会】強豪対決は上田西に軍配

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球長野大会】
強豪対決は上田西に軍配

 第99回全国高校野球選手権長野大会は15日、4球場で3回戦8試合を行った。有力校同士がぶつかり合う注目の対戦が相次いだ。

 第4シードの都市大塩尻は、投手戦の末に長野工に競り負けた。松本県ケ丘は初回に3点を挙げ、勢いに乗って長野南を下した。

 第1シードの小諸商は渡辺大の本塁打などで着実に点を重ね、長野を退けた。上田西と長野商の強豪校対決は1点差で上田西に軍配が上がった。

 優勝候補の東海大諏訪は打線が爆発し、五回コールドで辰野を下した。松商学園は序盤から勢いに乗り、長野日大に完封勝利した。

 昨夏覇者の佐久長聖は、息詰まる投手戦の末、十五回裏に松本工を撃破。田川は二回に一挙4点を挙げるなどし、松川を下した。

                   ◇

 ▽3回戦

 【松本市野球場】

長野工    1-0  都市大塩尻

松本県ケ丘  7-4  長野南

 【県営上田野球場】

小諸商    6-2  長野

上田西    3-2  長野商

 【しんきん諏訪湖スタジアム】

東海大諏訪 23-0  辰野

 (五回コールド)

松商学園   9-0  長野日大

 (七回コールド)

 【長野オリンピックスタジアム】

佐久長聖   1-0  松本工

 (延長十五回)

田川     6-2  松川